エンジンがかからない場合の原因と対処法【最新】

DSCF5462-Edit_TP_V

車を運転したいけど、エンジンがかからない!という事がありませんか?

車のエンジンが掛からない場合には様々な原因が考えられますが、できるだけ早く対処したいですよね。このようなエンジン関係のトラブルは時間が無く急いでいる時に限って起きたりするんですよね・・・。

そこで、今回は車のエンジンがかからない場合の原因と対処法をご紹介します。

エンジンがかからない原因

車のエンジントラブルに様々な原因が考えられ、原因によっては自分1人の力で解決する事も可能です。

原因①バッテリー上がり

MIYA151213088749_TP_V

エンジンがかからない原因で最も多いのが、このバッテリー上がりです。

バッテリー上がりは、

  • 車内灯又はヘッドライト等の電装品の使いすぎや消し忘れ
  • 長期間車を放置していた。

のような電装品の消し忘れや長期間の車を放置する事で起こります。ご存知の方が多いと思いますが、車は走行する事でバッテリーの充電を行うため、走行していない状態でのエアコンや室内灯を付けっぱなしにする事でバッテリーの充電が追いつかず、バッテリー上がりが起きてしまいます。また、長期間の車を放置しているだけでもバッテリーは自然放電するため、できるだけ車の運転をするように心がけましょう。

バッテリー上がりの対処法

バッテリー上がりが起きた際は、JAFなどのロードサービスを呼ぶ事でプロの方に安心して任せる事ができます。しかし、ロードサービスに依頼する場合は

  • 非会員の方は約2万円~3万円ほどの費用が大きくかかる。
  • 依頼してから到着までに時間が掛かる

といったデメリットも存在します。

そのため、車に詳しくない方でも簡単にバッテリー上がりを解消できるジャンプスターターがオススメです。オススメの小型ジャンプスターターについては下記リンクをご覧下さい。

>>バッテリー上がりを簡単に解消できる!V12マルチチャージャーはこちら!<<

原因②セルモーターのトラブル

エンジンをかける際にキュルキュルと音がしますが、この部分がセルモーターといいます。

この部分が故障していてもエンジンをかける事ができなくなります。ライトや室内灯を付ける事から始めてバッテリーに問題ない事を確認したらセルモーターが故障している可能性が高いです。対処法としては、ロードサービスや自動車整備会社から点検を受けて修理してもらうようにしましょう。

原因③メインヒューズの断線

先ず、ヒューズとは車内の電流が他の部品に影響が及ばないようにするための部品になります。もし、大きな電流が他の部品に流れるかもしれない場合にこのヒューズが身代わりになり、切れる事で電流が流れなくなります。

そのため、上記の理由などでヒューズが切れている場合は、電気が流れないようになっているためエンジンがかからない原因になります。

バッテリー上がりを解消できる小型ジャンプスターター

Exif_JPEG_PICTURE

原因①でも紹介したバッテリー上がりを簡単に解消できるのが「V12マルチチャージャー」です。

上記画像でもわかる通り、ジャンプスターターで中でも小型になっており、持ち運びがしやすく、車のダッシュボードにも余裕で入ります。この大きさのジャンプスターターでも排気量4000ccの車20台分を連続ジャンプスタートできるパワー持っているのが驚きですよね。

capture-20160422-130400

モバイルバッテリー機能も搭載!

また、V12マルチチャージャーは、ジャンプスターター機能を利用しない場合は「モバイルバッテリー」としても利用する事が可能です。大容量の7,500mAHを利用する事で、最新のiPhone6sでも約4回フル充電する事ができ便利です。小型サイズで大容量になっているため、外出先や旅行先でも気軽に持ち運べるのは嬉しいところですね。

capture-20160422-130747

>>バッテリー上がりを簡単に解消できる!V12マルチチャージャーはこちら!<<

 

夏のエンジンがかからない原因と対処法をご紹介

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

エンジンがかからない・・・急にこのような現象が起こった際は、車のバッテリー上がりが起きている状態です。

車のバッテリー上がりといえば、寒さによってバッテリーの性能が低下する事により冬の季節に起こりやすいと聞く事が多いと思います。しかし、これから夏の季節になりますが、場合によってはバッテリー上がりに注意しなければいけないので油断してはいけません。

そこで今回は、夏でもどのような状態でバッテリー上がりが起きるのか?という事とオススメの対処法をご紹介していきます。

夏にバッテリー上がりが起こる原因

PPG_dourotokurumaminicyua_TP_V

これから夏休みシーズン到来するという事もあり、海や人気スポットは大変賑わいますよね。さらに人気スポットへ車で移動すると渋滞へ巻き込まれる事があるかと思われます。この瞬間こそバッテリー上がりの危険性が潜んでいるのです。

先ず、車のバッテリーはどのような状態で充電しているのかご存知でしょうか?通常、車内でエアコンなどを使用して消費した電力は、車が走行することで充電しています。そのため、長時間の渋滞に巻き込まれた場合は、車が走行せずエアコンなどで電力が消費されていくだけの状態となるため、バッテリー上がりが起こる可能性が高くなるのです。

しかし、夏の暑さでエアコンを使用せずに車を運転するのは無理がありますよね・・・。そこで、もしバッテリー上がりが起きたときでも簡単に対処できる方法を用意しておくのがオススメでしょう。

バッテリー上がりが起きたときの対処法

車のエンジンがかからない際の対処法は下記の2点がオススメです。

①JAFに依頼する

先ず、車の問題はロードサービスのJAFなどに修理依頼をする事がプロの方が対応してくれる事もあり、安心できる方法です。

しかし、JAFに修理依頼をオススメする人は、ロードサービスへの会員登録が済んでいる方です。なぜなら、非会員の方がバッテリー上がりでの修理を依頼した場合は、約1万円~2万円の費用が掛かってしまうため注意が必要です。

実は・・・自分で最も簡単にエンジンがかからない対処できる方法が存在するのです。

②V12マルチチャージャーを使う

こちらの方法は当サイトでもオススメしている小型ジャンプスターター「V12マルチチャージャー」です。
DSCN4418

 

上記画像を見て頂ければわかりますが、手でも簡単に持てるサイズとなっているうえにiPhoneやスマホ等と同程度のサイズとなっているため、とても簡単に持ち運ぶ事が可能になっています。また、このV12マルチチャージャーは7,500mAhの容量から連続20台分の車をバッテリー上がりから解消できるほどのパワーがあります。

DSCN4444

また、ジャンプスターター機能以外にもモバイルバッテリーとしての機能も備わっております。基本的に車を運転してバッテリー上がりは頻繁に起こるという事はないと思われますので、ジャンプスタート機能を利用しない際はiPhoneやスマホ、タブレットなどの充電用モバイルバッテリーとして利用できるのは嬉しい機能ですよね。

まとめ

当サイトでご紹介しているV12マルチチャージャーは「バッテリー上がり対策」「モバイルバッテリー機能」が搭載されているといった内容をご紹介してきました。さらにV12マルチチャージャーには、性能アップ版である

  • V12マルチチャージャーGT
  • V12マルチチャージャーBLACKLABEL

も存在します。

V12マルチチャージャーGTは、V12マルチチャージャーの約2倍の大容量版。V12マルチチャージャーBLACKLABELは、ジャンプスターターでは日本初となる防水機能を搭載し、リチウムマンガンという安全性・安定した出力が可能な電池も搭載しております。

どのバージョンも車を頻繁に利用する又はスマホやiPhoneを多用するといった方にオススメの商品となっております。V12マルチチャージャーシリーズの詳細は下記リンクを御覧ください。

>>V12マルチチャージャーはこちら

>>V12マルチチャージャーGTはこちら

>>V12マルチチャージャーBLACKLABELはこちら

ジャンプスターターとは?車のバッテリーについてご紹介

PP_kurumahead_TP_V

車の運転中に突然車が動かない・エンジンが掛からないといった経験はありませんか?

エンジンが掛からない場合、車内に搭載されている車のバッテリーが上がっている事が多いです。突然起きた車のバッテリー上がりを対処する方法に「ジャンプスターター」を使う事もあるかと思われます。車にあまり詳しくない方だとジャンプスターターとは何なんだ?となりますので、今回はジャンプスターターについて記載していこうと思います。

ジャンプスターターとは?

ジャンプスターターとは簡単に説明すると、いざという場面で利用できる予備バッテリーのようなものです。

バッテリー上がりが起きてしまった際に車とジャンプスターターをケーブルで接続し、給電させる事でバッテリーを復活させる事が可能となっています。しかし、基本的なジャンプスターターというのは大きく重量があるため、場所を大幅にとるため中々邪魔に感じる事もあります・・・。

現在は、ジャンプスターターも小型化が進んでおり持ち運びもしやすい物まで増えてまいりました。

バッテリー上がりにオススメなのがコレ!!

小型化が進んできているジャンプスターターですが、その中でも特にオススメするのが当サイトでもご紹介している「V12マルチチャージャー」です。

DSCN4410

上記画像の通りとても小型になっており、スマホやiPhoneなどとサイズは殆ど変わりません。そのため、持ち運ぶ際もポケットに簡単に収まりますし、このサイズの割に7,500mAhもの容量を搭載しており、4000ccまでの車両なら最大20台分のジャンプスタートが可能となっています。

夏の季節だとエアコンや車内灯の消し忘れ等の電装品の使いすぎによるバッテリー上がりが多く発生しているそうなので、V12マルチチャージャーを持ち歩くだけで安心できますね。

モバイルバッテリー機能も搭載!

今まで紹介した内容を読んで頂いた方の中には、「小型になったとはいえ、ジャンプスターターなんて普段持ち歩かないよね・・・?」と思われた事でしょう。そこで便利なのが、V12マルチチャージャーには「モバイルバッテリー機能」まで搭載されております!

DSCN4444

数年前からiPhoneやスマホを利用する方が主流になってきており、急にスマホの充電が無くなったという場合にもこちらが活躍します。上記にも記載したとおり、V12マルチチャージャーの容量は7,500mAHとなっており、フル充電で最新のiPhone6sも約4回程の充電を行う事が可能となっています。また、スマホやiPhone以外でもipod、タブレット、ウォークマンなどの機器まで充電が出来るため、いざという時に便利です。

まとめ

今回は当サイトで特にオススメしているジャンプスターター「V12マルチチャージャー」をご紹介しました。

実際に車のバッテリー上がりが起きた際にはJAFなどのロードサービスを頼るのが安全かもしれませんが、非会員の場合は高額な請求をされるという事を覚えておいて下さい。その分を比較すると、V12マルチチャージャーは買い切りタイプのため、費用は購入時にしか掛かりません。車内に常備しておくだけで安心感がとても違いますよ。

ジャンプスターターとモバイルバッテリーの両方の機能を兼ね備えたV12マルチチャージャーに興味がある方は下記ページにて詳細をご覧下さい。

>>バッテリー上がりを簡単に解消できる!V12マルチチャージャーはこちら!<<

バイクのエンジンがかからない場合の対処法

バイクが好きな方は、休日にテンションが上がりバイクを運転したくなってしまいますよね。

しかし、バイクを急に運転しようと思ってもエンジンがかからない!という場合も稀にあるかと思います。修理業者さんに依頼するのもいいですが、意外と簡単な所を見落としていたという事もあるので、修理屋さんを先ずは自分で確認できる項目は

バイクのエンジンがかからない場合は「ギアがN以外に入っている」「サイドスタンドが降りている」「コックがOFFになっている」「チョークレバーの位置」が原因として考えられます。

先ず確認したい所は、ギアがN(ニュートラル)にあるのを確認とサイドスタンドを上げているかです。バイクの車種によっては、エンジンスタート時の安全確保のため、ニュートラルとサイドスタンドが降りている状態でセルが回らず、エンジンがかからないバイクもあるので最初にチェックしましょう!

次に、コックがONかどうかを確認します。
コックとは、燃料タンクからエンジンにガソリンを送るため通り道にコックが付いているバイクがほとんどかと思います。コックがOFFになっていることにより、燃料が通路を通過する事が出来ないので、コックがONになっているかの確認を行いましょう。

最後に、チョークレバーの位置は正常かの確認です。
エンジンは冷えている状態だとエンジンがかかりにくいという特性があるのですが、チョークレバーはその状態時にエンジンをかけやすくする機能です。冬場でエンジンが冷えている状態ならチョークレバーを操作してからエンジンをかけてみると良いでしょう。(操作方法に関してはバイクによって異なるため、取り扱い説明書で確認しましょう)

バイクのエンジンがかからない場合は、上記方法を試してみて下さい。

雨の日はエンジンがかかりにくい

私は普段バイクを運転する事が趣味になっており、休日は基本的にバイクを運転している事が多い程にバイクが好きです。
先週の休日は雨が降っておりましたが、バイクを運転したかったのでエンジンを点けようとするとエンジンがかからないのです!

バイクを運転するのは好きなのですが、修理やメンテナンスとなると詳しくない上にあまり好きではないんです・・・
雨が降っているというだけで気分は最悪なのにバイクまで不調となると本当にテンションが下がります。

そこで、バイクの設備等に詳しくないという事でとりあえず「エンジン 雨」でスマホで検索してみると、意外と雨の日はエンジンがかからないという方が多いみたいです。一応、エンジンがかからない原因が、大雨の翌日や雨の降り続いてる日にタンクに水が入ってしまっている事があるそうです。ガソリンの給油口がシートの下に隠れているものは基本的に大丈夫なのですが、給油キャップがむき出しの原付きやバイクは雨水が侵入しやすいです。

また、タンク以外の原因としては湿気が原因となっている可能性も考えられます。

湿気があると点火系等の部分でうまく点火出来ずエンジンがかからないという事もあるそうです。点火系等の機器も長く使用していると湿気に弱くなってきたりすることもあるそうなので部品を交換してみるという事も良いと思いますが、晴れの日は問題なくエンジンがかかるのでもう少し様子を見てから決めることにしました。

みなさんも雨の日にエンジン不調がある場合は、雨や湿気が原因となっている可能性があるので調査してみて下さい。

ハンドルロックがかかりエンジンがかからない場合の対処法

国産車を運転している方はハンドルロック機能はご存知でしょうか。

「車を起動しようとしたけど、キーが回らない」「ハンドルが動かない」との現象でエンジンがかからない現象は、ハンドルロックによって固定されている事が原因になります。このハンドルロック機能は盗難防止用という名目で標準で搭載されている車がほとんどです。

ハンドルロック機能はエンジンを切ったあとにハンドル回したり、ハンドルを大幅に回した状態でエンジンを切った場合にハンドルロックが掛かってしまいます。そのため、車のエンジンを切った状態で知らない間に子供がハンドルを回していた等でハンドルロックがかかってしまった事もあるそうです。

ハンドルロックを解除する方法は、「ハンドルを左右どちらかに最後まで回してからキーを回す」で解除する事ができます。
ハンドルは少ししか回せないと思いますが、限界まで回せばロックに部分に当たると思いますので、その時にキーを回すとエンジンをかける事が可能です。

ハンドルロックがかかってしまったら焦らず上記の方法を試して下さい。
私も一度、ハンドルロック機能が掛かりエンジンがかからない状態になってしまいましたが、スマホでハンドルロックの解除方法を検索してみると全然難しい事ではないので焦らず冷静に対処すれば大丈夫です!

エンジンがかからない原因はプラグにある・・・?

車は急に動かなる事があると焦ってしまいますよね。

車が動かない時の最悪な場合がエンジンがかからない状態です。
エンジンがかからない事によって出かけることも出来ないですし、自分で修理に持っていくことも出来ません。

基本的にエンジンがかからない場合の原因としては、バッテリーが上がる事でスターター又はセルがしっかりと機能しなくなり、エンジンがかからない状態になります。バッテリー上がりの判断は、スターターを回してエンジンを回す音が遅かったり、ライトがうまく点灯しない等があるとバッテリーが上がったと考えて良いでしょう。

バッテリー上がりは、救援車からのブースターケーブルを用いる事でバッテリーが復活する事もありますし、バッテリーを新品に交換するだけで解決するかと思います。

もし、エンジンがかからない原因がバッテリー以外にあるのだとしたら・・・?

エンジンは点火プラグでエンジン内にある燃料に点火する事で稼働しています。

この点火プラグが劣化する事で正常にエンジンがかからない状態になる場合があります。
この場合は、ロードサービス等に連絡して修理屋さんにお願いするのが手っ取り早い気がします。

車関係の知識があまり無い方で下手に弄って怪我をする可能性もあるので、あまり無理をしないように・・・

エンジンがかからない場合のバッテリー以外の原因②

車やバイクが突然動かなくなった又は久しぶりに車を運転しようとしたら動かない!という場面があるかと思います。
そうのような場面は、基本的にバッテリーに原因がある可能性が高く、基本的に修理に出さなければいけないという事にもなりかねません。

前回もバッテリー以外の原因について書きましたが、前回記載した内容以外の原因が考えられる場合があります。

そのため今回は、エンジンがかからない場合のバッテリー以外の原因②を書いていきたいと思います。

・燃料ポンプが原因になっている場合

セルモーターが回るのにエンジンがかからない場合は、燃料タンクから燃料を圧送する燃料ポンプやポンプを作動させるためのリレーの故障、燃料の詰まりが原因として考えられます。

また、燃料供給系統、点火系の異常がないとなると、エンジン本体の制御系等の異常も考えられます。

・ギアがP(パーキング)に入れていない

焦っている時等にギアをPに入れずにエンジンを掛けようとする方がいるようです。
パーキングに入れてからエンジンを掛けるという事を忘れがちになるので、見落とさないようにしましょう。

・ガス欠

通常の自動車(電気自動車は除く)はガソリンが入っていなければ動きません。

ガソリンを入れれば問題なく車は動くと思いますが、ガソリンも劣化するので気をつけましょう。何年もガソリンを使用していないと、ガソリンが燃料として機能しない場合があります。

以上になります。

細かい所になりましたが、見落としやすい部分なので気をつけるようにしましょう。

エンジンが掛からない場合のバッテリー以外の原因

バッテリー上がりが原因で車を運転できない事は経験した事はありますか。

その場合、ブースターケーブルを使用して他車から電力を分けてもらう事で走行する事が出来たり、JAFに連絡して助けてもらうという事が挙げられますが、車を動かすことが出来ない時にバッテリー以外に原因があった場合、原因を見つけるのは大変なことですよね。その場合のバッテリー以外の原因が考えられる事を書いていこうと思います。

バッテリー以外の原因としては「バッテリーターミナルの腐食」「セルモーターの故障」「メインヒューズの断線」が挙げられます。

・バッテリーターミナルの腐食:バッテリー液が漏れる事で部品を汚す事があります。この部分がバッテリー液にて腐食すると、エンジンが中々かからないという事になってしまいます。

・セルモーターの故障:エンジンをかける時にエンジンをかける音がしない場合は、セルモーターの故障かと思います。

・メインヒューズの断線:ヒューズは過剰な電流が流れた場合に車の他の部品に悪影響出さないようにする部品なのですが、ヒューズが何かしらの原因で切れると電気が流れないので、エンジンは掛かりません。

上記が原因となっている場合が多いです。

最終的には、どのような不具合が起きた場合でもJAF等のロードサービスを呼ぶことが手っ取り早いです。

電話をするだけで車の問題に関しての専門の方が対応してくれますので安心して任せましょう。

ジャンプスターターとバッテリー充電器の違い

車は運転をすることで充電されます。
通常、普通に運転していれば、
そんなに頻繁にエンジンがかからないなんてことはありません。

頻繁に起こるのであれば、
それはバッテリー自体の寿命や故障の可能性がありますので、
必ず一度、点検にいった方がいいです。
車の場合は何かあってからでは遅いですからね。

さて、車のバッテリー上がりのトラブルを防止するために、
バッテリー充電器というものがあります。
スマホなどの充電器と同じようなものですね。
もちろん、その分大きさはありますが…

先ほども言った通り、
車は運転をすることで充電されますのでバッテリー充電器は不必要なイメージもありますが、
例えば、半年や一年ぶりに車に乗るなんて方には充電器があると便利だと思います。

バッテリー充電器のほかにジャンプスターターというものがあります。
ジャンプスターターとはバッテリー上がりが起きたときに、
人の手を借りずに自力でエンジンを復活できるアイテムです。

ジャンプスターター自体には充電機能はついていませんが(搭載しているものもあります)、
ロードサービスなど担当者が来るまでの時間を考えると、
バッテリー上がり対策として一つ持っておくのも手かもしれません。